~回答~

 

平成25年9月4日付最高裁判所の決定で、「嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の2分の1」とする民法第900条第4号ただし書き前段は憲法違反であるとされました。

 

これにより、平成25年12月5日に民法の一部を改正する法律が成立し、但し書きの前段部分が削除され、平成25年9月5日以後に開始した相続について適用することとされました。

つまり、嫡出でない子の相続分が嫡出子の相続分と同等となったのです。

 

なお「嫡出でない子」とは、法律上の婚姻関係にない男女の間に生まれた子をいいます。

 

 

相続税の計算においても、平成25年9月5日をまたいで取り扱いが異なってきます。

 

  • 平成25年9月4日以前に相続税額が確定している場合

→平成25年9月4日以前に、申告又は処分により相続税額が確定している場合には、嫡出に関する規定を適用した相続分に基づいて相続税額の計算を行っていたとしても、相続税額の是正はできません。

 

  • 平成25年9月5日以後に相続税が確定する場合

①平成25年9月4日以前に確定していた相続税額が異動(変更)する場合

→修正申告や更正の請求を行うことになりますが、これにより改めて相続税額を確定することになります。

したがって、新たに確定すべき相続税額の計算に当たっては、嫡出に関する規定がないものとして相続税額を計算します。

 

②平成25年9月5日以後に新たに相続税額が確定する場合

→嫡出に関する規定がないものとして相続税額を計算します。

 

回答者 : 税理士 野口良子