~回答~

 

遺言書を作成する必要性は、財産の多寡によるものではないので私ども専門家からすると是非作成してください、ということになります。

 

たしかに、遺言書を作成してくださいと簡単に言われますが、これが実際に手を動かそうと思うと、思ったよりも筆が重く感じてしまうようです。

 

遺言書を書く一番のメリットは、相続人間での争いを減らせるという点です。

この点で、相続財産額の多寡は関係ありません。

 

事実、相続財産の争いは5,000万円以下の場合がほとんどで、全体の3/4以上を占めているそうです(司法統計)。

これは、遺産が多い人は事前に対策を打てているということが考えられます。

それに加え、遺産が5,000万円以下の場合は、財産の中身が自宅だけといったように分割がしづらいために相続争いが発生してしまうのかもしれませんね。

 

幼い時から見てきたお子様たち。

親の財産で争うなど想像もできないと思われる方も多いようです。

しかし、私の経験からすると、お孫さんの受験が控えていたり、事業をおやりになっている方の資金需要などと、その時々によって、少しでも多く財産を分けて欲しいと思われるタイミングがあるようです。

 

また、ご結婚されると、お子様当人だけでなくその配偶者の意見も入ってきますので、「もらえるものはもらっといたら?」という考えが生まれてきます。

 

是非、幼い時のお子様のイメージは少し隣に置いて、どんなお子様たちでも多少なりとも争いは起きるものだとの前提で、遺言書を書いてみてください。

 

他の方はどうしているのか・税金面からどうしたら良いのか、などについて色々とアドバイスができると思いますので、是非ご相談ください。

 

回答者 : 税理士 小形 聰