~回答~

 

贈与税は、1人の人が1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産の合計額から基礎控除額の110万円を差し引いた残りの額に対してかかります。したがって、1年間にもらった財産の合計額が110万円以下なら贈与税はかかりません(この場合、贈与税の申告は不要です。)。

1年間にもらった財産の合計額ですから、今回のケースでは、ご祖父様・ご祖母様からそれぞれ110万円を引くのではなく、合計の200万円から110万円を差し引いて、その残った部分に対してご質問者様に贈与税が課されることになります。

 

ただし、どういった目的での贈与なのかは不明ですが、今回の贈与が仮に扶養義務者(父母や祖父母)からの生活費又は教育費に充てるために贈与を受けた財産のうち「通常必要と認められるもの」である場合には、贈与税の課税対象とならないことになっています。

 

回答者 : 税理士 野口良子